設定を大事にしよう|大切な子供に、最高の名前をあなたがプレゼントしてあげよう
水晶玉とタロットカード

設定を大事にしよう

並んでいるサイコロ

子供の名前というのはどんな人も頭を抱えますよね。今決めた名前は当然一部の例外でもないかぎりは変更をすることができないので、人生で迫りくる決断のなかでもかなり重要度の高い決断だと断言できます。
ではどんな方法を使っていけば愛する子供に良い名前を与えることができるのか?やはりまず大事なのはコンセプトをしっかり定めていくことだと思います。子供の名前にかぎったことではありませんが、やはり何かを決める上では何かしら元となるコンセプトがなければまったく話が進みません。つまり一向に名前が思いつかない人は何も材料がないのにおいしい料理を作ろうとしているのと同じ意味になります。

ではどのようなコンセプトが子供の名前には良いのか?もちろん常識的な範囲内であればなんだって問題ありませんが、昔から今も多いとされているのが「季節にまつわる漢字」を使うパターンです。季節といえば日本の場合は春夏秋冬と4種類もありますので、それだけ膨大な名前の候補が生まれやすいと言えるでしょう。あなたの子供がどのタイミングで生まれてくるのかは妊娠したそのときによって逆算できるはずなので、そこから名前を絞り出してみてください。
他にも子供の名前といえば、どのようにこれから先、生きてほしいのかをコンセプトにするパターンもよくあります。あなたも親になるんだったら、子供に対してこうなってほしいといった思いが何かしらあるはずです。つまり、その思いをそのままコンセプトにしてしまえばいいのです。これによってまた新しい名前の候補が浮かび上がってくるでしょう。